Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京都が個人情報保護条例を改正、警視庁や公安委も対象へ

東京都情報公開・個人情報保護審議会は中間報告をまとめ、個人情報保護条例の対象機関に警視庁と東京都公安委員会を含める方針を示した。

個人情報保護条例は、都内の対象機関に個人情報保護を義務づけるもの。対象機関は、保有する個人情報の目的外利用が制限される。また、本人から情報の開示が求められた場合、応じなければならない。

(Security NEXT - 2004/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催