Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、アプリケーションの脆弱性体験学習ツール「AppGoat V3.0」を、教育現場で利用する際の注意点などをまとめた「脆弱性体験学習ツール『AppGoat』を用いた集合教育実施の手引き」を公開した。

「AppGoat」は、ウェブアプリケーションやサーバ、デスクトップアプリケーションの脆弱性の概要、脆弱性の発見、対策法について、基礎的な知識を実習形式で学べる無償ツール。

今回、同ツールを高校や大学での講義、組織の新人教育など、複数の受講者がいる環境で利用する際、効率よく実施するうえで必要な段取りや注意点をまとめた手引書を用意した。

また、集合教育の実施時に、学習者の理解を助ける補助資料のサンプルとして、3種類の脆弱性解説資料もあわせて公開している。

(Security NEXT - 2017/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security