Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売

ディアイティは、ネットワークの状況をリアルタイムで可視化する新技術を搭載したネットワーク管理ソリューション「Omnipliance Ultraシリーズ」とスタンドアロン型の「Savvius Spotlightアプライアンス」を、10月1日より提供開始する。

これら製品では、米Savviusの技術「Savvius Spotlight」を搭載。ネットワークのトランザクションを集約、解析することで、遅延、ネットワーク品質、利用状況、飽和状況の4要素から、ネットワークパフォーマンスの低下をリアルタイムに検知することができる。

「Omnipliance Ultraシリーズ」では、同技術をパケットキャプチャ、レコード機能を持つ「Omnipliance」を一体化した。必要に応じて問題となっているパケットの詳細情報まで解析できる。またSavvius Spotlightアプライアンスは、従来のOmniplianceシリーズと組みあわせることで、同様の機能を利用できる。

(Security NEXT - 2017/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
カプコンに不正アクセス - 一部社内システムを停止
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント