Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導

ベネッセシニアサポートが運営する介護相談サイトが不正アクセスを受け、改ざん被害が発生していたことがわかった。

同社が運営するウェブサイト「ベネッセの介護相談室」が、6月4日18時半過ぎから翌5日13時半ごろにかけて、約19時間にわたり改ざんされた状態に陥ったもの。期間中にサイトを閲覧した場合、外部のサイトへ誘導されるおそれがあった。

ウェブサイトの改ざんは、6月4日18時半過ぎに発生。翌5日11時半ごろに被害へ気が付き、同社ではサーバを停止して詳しい原因や影響について調査を進めるとともに、6月8日に事態を公表していた。

ウェブサイトの更新や管理に用いるツールが不正アクセスを受け、サーバ内のファイルが改ざんされたのが原因だという。同社は外部サイトへ誘導された心当たりがあるウェブサイトの利用者に対し、同社まで連絡を取るよう呼びかけている。

また今回の不正アクセスによる個人情報の流出については否定。「ベネッセの介護相談室」以外のウェブサイトでは被害が発生していないことを確認した。「ベネッセの介護相談室」については、一部ページの公開を再開している。

(Security NEXT - 2017/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

健康食品通販サイトでクレカ情報が流出 - 不正利用の可能性
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
コクヨ販売店の検索サイト改ざん、2020年7月に発生
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
取扱販売店検索サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - コクヨ
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
香水通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害