Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害

約4社に1社が、直近の会計年度に「マルウェア感染」「サイバー攻撃」「内部不正」などの被害を経験していたことがわかった。被害内容では、顧客情報の漏洩がもっとも多いという。

情報処理推進機構(IPA)が、従業員300人以上の企業に所属するCISO、および情報システムや情報セキュリティの担当者を対象に、2016年10月から11月にかけてインターネットでアンケート調査を実施したもの。有効回答数は755件。

同調査によると、直近の会計年度にマルウェア感染やサイバー攻撃、内部者による不正など、51.9%が攻撃を経験。内訳を見るとほぼ半数にあたる26.1%で被害が発生。のこる25.8%については、攻撃を受けたが被害は発生しなかったという。

20170414_ip_001.jpg
ウイルス感染、サイバー攻撃、内部不正による被害発生状況(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2017/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
まもなく「SECCON CTF 2022」のオンライン予選 - 賞金総額100万円
Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
IPA、内部不正防止ガイドラインを改訂 - テレワーク増加も反映