Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「埼玉りそな銀」装う「こんにちは!フィッシング」 - 偽「りそな銀」から流用?

埼玉りそな銀行の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして同行やフィッシング対策協議会では、利用者へ注意喚起を行っている。

20160222_ap_001.jpg
誘導先サイトは「埼玉りそな」ではなく、「りそな銀行」の画面を盗用していた(画像:フィッシング対策協議会)

確認されたフィッシングメールは、国内の金融機関では、ほとんど見られない「こんにちは!」という書き出しではじまっており、「利用者の個人情報が一部のネットショップサーバに不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こった」などと不安を煽っていた。

「システムがアップグレードされ、顧客はアカウントが凍結されないように登録する必要がある」などと騙し、ウェブサイトへ誘導。こうしたフィッシングメールの文面は複数確認されている。

誘導先の偽ログイン画面では、同行ではなく、同行グループである「りそな銀行」と記載。背景画像は変更されているものの、銀行のロゴやURLにある金融機関コードから、「りそな銀行」のサイトが盗用されたものと見られる。今回の攻撃と関連性は不明だが、1月末にはりそな銀行を装ったフィッシング攻撃が確認されている。

同行では、偽メールが多数配信されているとして利用者へ注意を喚起。フィッシング対策協議会では、 フィッシングを見かけたインターネット利用者へ情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
料金確定通知を装った「@nifty」のフィッシングに注意
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
インスタアカウントが乗っ取り被害、DMに個人情報 - 建築設計会社
「NHK」のフィッシング - 「ネット登録必要」とだます手口
日本年金機構や「ねんきんネット」を装うフィッシングに注意