Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「POP before SMTP」から「送信者認証」へ移行 - DION

KDDIは、インターネット接続サービスDIONにおいてメール送信時の認証方法を「送信者認証」へ完全に移行すると発表した。

従来より、送信前にPOPサーバへログインすることでSMTPサーバの利用を許可する「POP before SMTP」を提供してきたが、迷惑メール対策を強化するため「SMTP AUTH」へ移行するもの。「POP before SMTP」は11月より順次終了し、2007年度末には完全に提供を中止する。

KDDI
http://www.kddi.com/

(Security NEXT - 2007/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
「FireEye」「McAfee Enterprise」統合後の新会社は「Trellix」
Check Pointのエンドポイントソフトに権限昇格のおそれ
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出