Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客リストが公園の立入禁止区域に放置 - NTT西

NTT西日本の顧客情報が記載された営業用リストが、神戸市内の公園に放置されていたことがわかった。

11月10日に公園の管理者から公園内にある柵で囲われた立ち入り禁止区域に書類が放置されているとして、連絡があり問題が発覚。一部書類は公園内の池に水没しており、回収を終えたのは翌11日となったという。

回収した書類は、同社の委託先が営業で使用していた顧客リストで、顧客5654件の氏名や住所、電話番号などが記載されていた。情報の不正利用は確認されていないとしている。

同社ではこれを受け、委託先における顧客情報の適正利用や管理について点検を実施。再発防止に向けて研修を実施し、ルールの再徹底など目指す。

(Security NEXT - 2015/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
新型コロナ対策のウェブアンケートが閲覧可能に - 婦人靴メーカー
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
宿泊療養予定者リストが退所者の交付書類に混入 - 北海道
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO