Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ひかり電話ルータ」に誤発呼の不具合

NTT東日本は、同社のIP電話「ひかり電話」で利用するルータ「RS-500KI」に、ダイヤルと異なる電話番号へ発呼する不具合があったことを明らかにした。

同機種において、20ppsの「ダイヤルパルス」を利用してダイヤルした場合、異なる番号へ発信される不具合がファームウェアに存在したもの。

同社では、9月中旬より同機種を提供しており、約6700台が影響を受けるという。10月8日から10月30日にかけて16件の問い合わせが寄せられた。

「プッシュトーン」や10ppsの「ダイヤルパルス」を用いている際は影響を受けない。同社では、11月5日より順次、顧客へ書面を送付し、事情を説明、謝罪する。また11月10日をめどに修正プログラムを提供する予定。

(Security NEXT - 2015/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
セミナー参加者情報含む資料をメールに誤添付 - 佐賀県
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
海外関連会社でランサム被害、基幹システムは影響なし - 東京海上HD
同報配信システムで「CC」初期化されず誤送信に - 京大
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店