Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ひかり電話ルータ」に誤発呼の不具合

NTT東日本は、同社のIP電話「ひかり電話」で利用するルータ「RS-500KI」に、ダイヤルと異なる電話番号へ発呼する不具合があったことを明らかにした。

同機種において、20ppsの「ダイヤルパルス」を利用してダイヤルした場合、異なる番号へ発信される不具合がファームウェアに存在したもの。

同社では、9月中旬より同機種を提供しており、約6700台が影響を受けるという。10月8日から10月30日にかけて16件の問い合わせが寄せられた。

「プッシュトーン」や10ppsの「ダイヤルパルス」を用いている際は影響を受けない。同社では、11月5日より順次、顧客へ書面を送付し、事情を説明、謝罪する。また11月10日をめどに修正プログラムを提供する予定。

(Security NEXT - 2015/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
ヤフー、ID編集結果を他利用者に反映する不具合 - 情報流出や誤配送のおそれ
事業者アンケートで他社回答を表示する不具合 - 公取委
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画