Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯アプリでワンタイムパスワードを発行する銀行向けソリューション - NTTデータ

NTTデータは、携帯電話のアプリケーションによりワンタイムパスワードを発行、認証を実現するネットバンキング向けセキュリティソリューションを開発、5月より提供開始する。

従来のワンタイムパスワード認証では、パスワード生成の専用トークンを利用者に配布する必要があったが、同サービスでは、携帯電話上のアプリケーションを利用してワンタイムパスワードを発行するため、ネットワーク経由で配布できる。

同サービスは、現在約80の金融機関が利用している同社の個人向けインターネットバンキングASPサービス「ANSER-WEB」において、フィッシングやスパイウェアなどによる不正取引を防止するセキュリティソリューションとして提供される予定。

すでに岩手銀行、京都銀行、紀陽銀行インターネット支店、関西アーバン銀行、京都信用金庫が導入を決定しており、荘内銀行、静岡銀行、愛知銀行、名古屋銀行、みなと銀行が2007年度中の導入を検討しているという。

(Security NEXT - 2007/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か
「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦