Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

文書を出張裁断する車両「KYBサイダーン」 - 圧縮技術応用で高積載を実現

油圧機器や特殊車両などを手がけるKYBは、機密文書を細断処理する車両「KYBサイダーン」を発売した。価格は2100万円。

同車両では、依頼者の現場まで出張し、裁断処理を行える3トン車。またエンジン回転数などに配慮し、低騒音の処理が可能。

クロスカット方式で細断し、同社が手がける油圧技術やコンクリートミキサー車技術を応用することで細断紙片がドラム内でかく拌。さらにドラム内で細断紙片を圧縮することにより約1.5トン高積載が可能で、高い輸送効率を実現したという。

(Security NEXT - 2007/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
「Firefox」や「Thunderbird」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
Mozilla、「Thunderbird 91.6.1」を公開 - 細工メールで悪用のおそれ
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC
日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正