Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月のMS月例パッチは14件 - 「FREAK」やUXSSのゼロデイ脆弱性に対応

日本マイクロソフトは、月例セキュリティ更新情報14件を公開した。ゼロデイ脆弱性を含む45件の脆弱性を解消しており、暗号化通信における脆弱性「FREAK」にも対応している。

20150311_ms_001.jpg
3月のセキュリティ更新一覧(表:日本MS)

深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」のプログラムは5件。いずれも脆弱性が悪用されると、リモートでコードを実行されるおそれがある。

「MS15-018」は、「Internet Explorer」の累積的な脆弱性12件を修正するプログラム。公開されている「CVE-2015-1625」をはじめ、多くはメモリ破壊の脆弱性で、悪用された場合、リモートでコードを実行されるおそれがある。

また、すでにゼロデイ攻撃が確認されている「CVE-2015-0072」を修正している。特権の昇格が可能となる脆弱性で、悪用することにより同一生成元ポリシーを回避するユニバーサルクロスサイトスクリプティング(UXSS)が可能となるもので、2月にセキュリティ関係者によって公開され、すでにゼロデイ攻撃も確認されている。

(Security NEXT - 2015/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令