Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

有名人のプライベート写真流出に便乗したマルウェア攻撃に注意

ハリウッド女優やセレブなどのプライベート写真流出事件に便乗し、写真が見られるなどと偽って無関係のサイトへ誘導する攻撃が発生している。マルウェア感染のおそれもあるとして、シマンテックでは注意を呼びかけている。

今回の流出事件が話題になったことで、流出した写真を検索するユーザーが増加。そこに付け込む攻撃が発生しているもの。

同社が確認したケースでは、実際は流出していない女優のプライベート写真があるなどと、SNSで投稿を拡散。プライベート写真や動画の公開サイトに見せかけて誘導し、アクセスすると動画ソフトをインストールするよう促すという。

今回のケースでは、アフィリエイトが目的だったと見られているが、フィッシングやマルウェアへの感染などに用いられる可能性があるとシマンテックは指摘。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも