Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MOTEX、「Citrix XenApp」などシンクライアントのログ取得に対応する新製品

エムオーテックスは、「LanScope Cat」のシンクライアント管理ツール「バーチャルキャット」を提供開始した。

同製品は、シトリックスの「Citrix XenApp」および日本マイクロソフトのリモートデスクトップに対応したシンクライアント管理ツール。

同社では、従来よりLanScope CatにおいてVDIに対応しているが、今回の製品追加により、対応するシンクライアント環境を拡充した。シンクライアントにおける操作内容、閲覧したウェブ、基幹システムやアプリケーションにおけるIDやパスワードの利用状況について把握することが可能。不正なウェブサイトの閲覧についても制限することができる。

50ライセンスを導入した場合の価格は、55万9440円から。保守費用は含まれない。

(Security NEXT - 2013/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術
組織のセキュリティ対応方針を支援するサービス - サイバーリーズン
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで