Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPとDTRS、セキュリティ戦略立案からSOC構築まで対応するサービス

日本ヒューレット・パッカードとデロイトトーマツリスクサービスは、セキュリティリスクコンサルティングサービスを提供開始した。

すでに北米で展開している両社サービスを国内でも提供するもので、日本HPのセキュリティツール「HP ArcSight」とデロイトトーマツリスクサービスの「サイバーセキュリティ戦略立案およびSOC構築支援サービス」を組み合わせ、ワンストップで提供する。

サイバーセキュリティ戦略の立案から、セキュリティオペレーションセンターの構築、セキュリティおよびイベント管理ソリューション(SIEM)の導入などを通じて、企業に求められるセキュリティ対策が多様化や、巧妙化する外部からのサイバー攻撃や内部不正への対策を支援する。

(Security NEXT - 2013/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
SOCで「Exchange Server」への攻撃は未観測、PoCも未確認 - ラック
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査