Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCSとBSA、組織的海賊版販売を摘発した岐阜県警に感謝状

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)とビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は、大規模な海賊版販売を摘発した岐阜県警へ感謝状を贈った。

ソフトウェアの著作権保護の活動を進めるACCSの副理事長代行、畑英文氏とBSAアジア事務局長兼日本事務局長、今泉寛氏が訪問し、感謝状を贈ったもの。同県警は、昨年12月と今年1月に男女遭わせて9人を逮捕。ネット通販を通じて2億円以上を売り上げた海賊版販売組織を摘発した。

摘発された組織では、役割分担が決められ、さらに事務所を次々と移転させるなど悪質で、ACCSなどへ500件以上の情報提供から一般に寄せられており、同協会では情報提供などを行っていた。

ビジネスソフトウェアアライアンス
http://www.bsa.or.jp/

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2006/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
「制御システムセキュリティカンファレンス2023」のCFPが開始に
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大