Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCSとBSA、組織的海賊版販売を摘発した岐阜県警に感謝状

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)とビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は、大規模な海賊版販売を摘発した岐阜県警へ感謝状を贈った。

ソフトウェアの著作権保護の活動を進めるACCSの副理事長代行、畑英文氏とBSAアジア事務局長兼日本事務局長、今泉寛氏が訪問し、感謝状を贈ったもの。同県警は、昨年12月と今年1月に男女遭わせて9人を逮捕。ネット通販を通じて2億円以上を売り上げた海賊版販売組織を摘発した。

摘発された組織では、役割分担が決められ、さらに事務所を次々と移転させるなど悪質で、ACCSなどへ500件以上の情報提供から一般に寄せられており、同協会では情報提供などを行っていた。

ビジネスソフトウェアアライアンス
http://www.bsa.or.jp/

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2006/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ペット用品通販サイトに不正アクセス - 閉鎖直後に被害が判明
2021年4Qの脆弱性届出、ソフトとウェブともに減少
主任計量者の試験問題や個人情報含むUSBメモリを紛失 - 三重県
「LINE VOOM」で非公開の友だちに投稿を閲覧される不具合
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応
PHP向けメールフォームプログラムに脆弱性 - 昨年の更新で修正済み