Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、ウイルス感染により顧客情報がネット流出

富士通は、同社従業員が所有する私用パソコンがウイルスに感染し、問い合わせをした顧客1950名の個人情報がインターネット上に流出したと発表した。

同社コールセンターの従業員のパソコンから流出したもの。同社では、同コールセンターが保有するデータベースファイルであることを否定、業務のために従業員が個人的に作成されたファイルであるとしている。

同社によれば、流出した情報は、2003年4月から2004年8月までの間に、「富士通パーソナル製品に関するお問い合わせ窓口」へ問い合わせをした顧客1950名のカタカナ氏名、および電話番号など。

該当する顧客に対して個別に事実説明と謝罪をしたという。また、今後は顧客情報の持ち出し禁止をさらに強化するなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド