Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Suica10周年キャンペーン」の賞品にウイルスが混入 - JR東

JR東日本が実施したキャンペーンの賞品「オリジナルデジタルフォトフレーム」の一部に、ウイルスが混入していたことがわかった。同社では、賞品の回収を急いでいる。

同社が2011年11月18日から12月15日の間に実施した「おかげさまでSuica10周年キャンペーン」の賞品として1000人にプレゼントしたデジタルフォトフレームの一部に、トロイの木馬と見られるウイルスが混入したもの。パソコンへ接続すると感染する可能性がある。

同社では、感染の原因や経路について調査を進めている。また当選者に対して電話やメールで連絡を取っており、賞品の回収や交換を実施する。

(Security NEXT - 2012/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

匿名加工用の医療データDBに本人通知なく取得したデータ - プログラムミスで
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
脆弱性管理避けられぬOSS、経産省が事例集を拡充
個人情報含む高齢者名簿が所在不明に - 北九州市
個人情報などウェブ入力内容を委託先に外部送信 - 新生銀
他自治体からの照会文書が所在不明に - 大阪市
県立校で裏紙利用した計算用紙に答案用紙が混入 - 佐賀県
イベントで参加者の手荷物紛失、なかに戸籍謄本 - 野田市
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市