Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムの標的になる日本の競馬ファン - シマンテックが注意喚起

シマンテックによれば、日本語で記載されたスパムメールにおいて「競馬ファン」を狙った手口が横行している。

同社が日本語で記載されたスパムの内容を調べたもので、日本では競馬が活発に開催されていることから、スパムメールの多くを競馬に関連したものが占めていた。

こうしたスパムメールに見られる傾向は、「高い回収率」「少人数限定」「秘密の必勝法」「完全保証」「無料」といった内容。これらキーワードでユーザーの気を惹き、サイトへ誘導して、会員登録などと称して個人情報を窃取するのが手口だという。

同社が調査を行ったところ、「無料サイト」などとしていても、実際利用するにはポイントなど金銭が必要となるところがほとんど。さらに登録した情報が出会い系サイトなどへ転売される危険が伴うとして、同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究員メールアカウントに不正アクセス、PW使い回しが原因か - 東北工大
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
ウェブサイトに不正アクセス、スパム踏み台に - 大田花き
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒