Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、バックアップ機能つきサーバサービスを提供

ニフティは、ハードウエア障害に対し耐障害性を向上させるバックアップ機能を付加した、法人向けホスティングサービス「@nifty専用サーバーサービス デュアルシステム」の提供を開始した。

同システムは、運用サーバおよびバックアップサーバの2台で構成されており、常時バックアップを行うほか、重大障害時にはバックアップサーバを運用サーバに切り替える。これにより、万一の障害が発生した場合や、長時間の停止を伴うメンテナンス作業の際でも、サーバの運用が可能となる。

利用料金は、合計80Gバイトのサーバ2台構成で、DNSコントロールによる障害時切り替えシステムも含み、初期費用が15万7500円、月額管理費が20万7900円からとなっている。

(Security NEXT - 2005/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
しまむら、サイバー攻撃でシステム障害 - 全店舗の一部サービスに影響
脆弱性管理避けられぬOSS、経産省が事例集を拡充
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
顧客情報記載の伝票が所在不明 - イズミヤショッピングセンター