Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京シティ信用金庫、顧客情報を紛失

東京シティ信用金庫は、同庫職員が帰宅途中に個人情報を紛失したと発表した。

豊島区や板橋区在住で同庫に普通預金や定期預金の保有する顧客やキャンペーン預金への応募者など、顧客情報274件を紛失したもの。氏名、住所、電話番号など個人情報が含まれていた。

同庫では、警察に対して紛失届出を提出。JRにも遺失物として届け出たほか、職員が調査を行っているが、発見には至っていないという。該当する顧客に対して事態を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
QNAP製NAS狙うランサムウェアの被害が拡大傾向 - 利用者は注意を
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス