Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Dr.Web」のスパム対策エンジンに一時誤検知の不具合

2月10日、「Dr.Web」製品のスパム対策エンジンに一時障害が発生し、誤検知の不具合が発生した。すでに修正されている。

同製品が採用している仏GOTO Software製のスパム対策エンジンに一時不具合が発生したもの。2月10日7時半ごろに提供が開始されたエンジンに不具合があり、スパムではない日本語のメールが誤ってスパムと判定される状態が発生したという。

同日16時40分より修正版が提供が開始されているが、同製品を販売するネットフォレストでは、期間中にメールが届かないなど心当たりがあるユーザーに対して、誤って隔離されたり、受信が拒否されていないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アプリに個人情報が表示、システム不具合で - 愛知県内CATV局
子ども預かり支援サイトで設定ミス、非公開の氏名が閲覧可能に - 横浜市
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
権限ない学生が教務システムで個人情報を閲覧可能に - はこだて未来大
MS、3月の月例更新で「Exchange Server」に生じた不具合に対応
アップデートしたシステムの不具合で会員情報が閲覧可能に - JBBF
ランサム被害で利用者や建物情報が流出か - 住宅性能評価センター
厚労省の「マイジョブ・カード」、別人情報が表示される不具合
認定農業者に調査票を誤送付、名簿の宛名と住所にずれ - 三重県
問合フォームに別人の個人情報、キャッシュ設定不備で - ソフト開発会社