Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通

富士通は、同社の業務用端末がマルウェアに感染した問題で、調査結果を取りまとめた。個人情報含むファイルが流出したおそれがあるという。

同社は、社内業務で使用する複数端末がマルウェアに感染したことを3月に公表。個人情報や顧客情報が外部に流出した可能性もあるとして、原因や影響の範囲など調査を進めていた。

調査の結果、最初にマルウェアへ感染した1台のパソコンを起点に他端末へ感染が拡大。国内の同社ネットワーク内にある49台の端末においてマルウェアの感染が確認されたという。

ログを調査したところ、一部のファイルについては、マルウェアによってデータを複製するコマンドが実行されており、外部に流出したおそれがある。複製が可能となっていたファイルには個人情報や顧客の業務に関する情報が含まれていた。

攻撃に用いられたマルウェアはランサムウェアではないとし、複数の偽装手法などを用いて検知を回避しており、発見が難しい攻撃だったと説明している。

(Security NEXT - 2024/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
CrowdStrike、Windows環境での不具合で声明 - 復旧方法も紹介
一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能