Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を

クラウドコンピューティングプラットフォーム「Apache CloudStack」の開発チームは、セキュリティアップデートとなる「同4.19.0.2」「同4.18.2.1」をリリースした。複数の脆弱性に対処している。

現地時間7月5日にセキュリティアドバイザリを公表し、2件の脆弱性「CVE-2024-38346」「CVE-2024-39864」に対処したことを明らかにしたもの。開発チームでは、脆弱性の重要度を4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングしている。

「CVE-2024-38346」は、認証されていないクラスターサービスポートが動作し、不正利用されるとリモートよりハイパーバイザーやCloudStack管理サーバホスト上で任意のコマンドを実行が可能となる脆弱性。さらにコマンドインジェクションの脆弱性が存在し、特権ユーザーとして任意のコードの実行も可能となる。

また初期化に問題があり、本来デフォルトで無効化されている「API」が、ランダムなポートで動作する脆弱性「CVE-2024-39864」が判明した。ポートスキャンなどで特定された場合、リモートより管理ホスト上でコード実行されるおそれがある。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」や、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアをともに「9.8」と評価しており、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。

開発チームでは、脆弱性を修正した「同4.19.0.2」「同4.18.2.1」へアップデートするよう求めるとともに、アップデートできない場合は、ポートへのアクセスを制限するなど回避策を講じるよう利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2024/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も