Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に

「Node.js」の開発チームは、セキュリティアップデートのリリースを現地時間7月8日に再度延期した。

当初現地時間7月2日にリリースを予告し、その後同月4日へ延期したが、同日が米国の独立記念日の祝日にあたることから、リリース日を週明けとなる現地時間7月8日に再度延期した。

「22.x」「20.x」「18.x」向けにアップデートをリリースする見込み。

バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、重要度が「高(High)」とされる1件、「中(Medium)」とされる1件、「低(Low)」とされる3件に対処する計画だという。

(Security NEXT - 2024/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ