Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバにランサム攻撃、業務に影響はなし - オイレス工業

軸受機器や免震装置の製造を手がけるオイレス工業は、ランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によれば、同社サーバがランサムウェアによる侵害を受けたことを6月7日に確認したもの。

事態の発覚を受け、同社では被害の拡大を防ぐべくネットワークを遮断。外部協力のもと、原因調査や復旧作業を進めている。

同社は、今回の攻撃による顧客の情報システムに対する影響を否定。生産活動も影響を受けておらず、出荷業務を含め、通常どおり業務を行っているとしている。

(Security NEXT - 2024/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム被害による個人情報流出を確認 - 岡山県精神科医療センター
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートの実施を
申込用に公開した表計算ファイルに個人情報 - 都立豊島病院
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
同門会向けメール2件で誤送信が発生 - 敦賀市立看護大
「Trend Micro Apex One」に7件の脆弱性 - アップデートで修正