Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データのアップロード先を誤り、生徒情報が流出 - 都立高校

東京都は、都内高校においてクラウドサービス上に生徒の個人情報を保存した際、アップロード先を誤り、流出したことを明らかにした。

都によれば、4月18日に生徒指導に関する会議で使用する電子データを教諭が「Microsoft Teams」上へアップロードしたが、操作に誤りがあったという。

アカウントは教職員と生徒共有で、本来ならば公開範囲を「プライベート」とすべきところ、「パブリック」となっているチームにアップロード。第三者が閲覧できる状態となった。

対象となるデータには、生徒67人の氏名、学年、クラス、入学内容の相談などが含まれる。5月15日に他校生徒から都教委に連絡があり、問題が発覚した。

連絡を受けた同校では対象データを削除。データの閲覧が確認されたのは、同校教員、教育委員会に連絡をした生徒のみとしている。

同校では、対象となる生徒の保護者に対して家庭訪問し、経緯の説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2024/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消