Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Flink」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意

データストリーミング処理などの分散処理を行うフレームワーク「Apache Flink」の脆弱性が悪用されているとして、米当局が注意喚起を行った。

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)が現地時間5月23日、「CVE-2020-17519」を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」に追加したもの。

2021年1月に公表されたアクセス制御の不備に金する脆弱性で、「REST」インターフェースを通じてファイルシステム上の任意のファイルを読み取ることが可能になるという。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

同脆弱性は、2020年12月にリリースされた「同1.12.0」「同1.11.3」にて修正済みとなっている。

米行政機関では、指定された期間内に同リストへ追加された脆弱性へ対処する必要がある。また広く悪用されるおそれもあり、注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2024/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
メールアカウントが乗っ取り被害、大量のスパム配信 - 三重県文化振興事業団
講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom