Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用

ConnectWiseが提供するリモートアクセスツール「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性が判明した。容易に悪用が可能で、ランサムウェアの感染活動にも悪用されているという。

同ソリューションにおいて、同社がパートナー向けに提供しているサーバの管理インターフェイスに認証のバイパスの脆弱性「CVE-2024-1709」や、パストラバーサルの脆弱性「CVE-2024-1708」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用することであらたな管理者レベルのアカウントを作成してインスタンスを乗っ取り、リモートよりコードを実行したり、情報の窃取が可能となる。

CVE番号を採番した米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)では、「CVE-2024-1709」に対し、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを最高値である「10.0」、重要度を「クリティカル(Critical)」と評価。「CVE-2024-1708」については、CVSS基本値を「8.4」、重要度を「高(High)」とした。

ConnectWiseでは、2月13日に脆弱性の報告を受けたとしており、クラウドサービスにおいて脆弱性を解消。オンプレミスを利用するパートナーに対して現地時間2月19日に脆弱性を修正した「同23.9.8」をリリースし、アップデートするよう求めている。

(Security NEXT - 2024/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正