Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chromium」の脆弱性狙う攻撃に注意 - 米当局が注意喚起

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、2023年に「Chromium」で明らかとなった脆弱性「CVE-2023-4762」が悪用されているとして注意を呼びかけた。

現地時間2月6日に同脆弱性を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」を追加し、米国内の行政機関に対応を促すとともに、広く注意を呼びかけたもの。

同脆弱性はスクリプトエンジン「V8」に明らかとなった「型の取り違え」に起因する脆弱性。「Chromium」をベースとするブラウザが影響を受けるおそれがある。

「Google Chrome」では、脆弱性の重要度を「高(High)」とし、現地時間2023年9月5日にリリースした「同116.0.5845.180」「同116.0.5845.179」にて修正を実施した。

またマイクロソフトでは、同月8日にリリースした「Microsoft Edge 116.0.1938.xxx」にて修正を反映したとしている。

(Security NEXT - 2024/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院