Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IvantiのMDM製品に見つかった脆弱性に対する攻撃が発生

Ivantiのモバイルデバイス管理製品「Ivanti Endpoint Manager Mobile(EPMM)」や旧製品「MobileIron Core」に判明した脆弱性「CVE-2023-35082」が悪用されていることがわかった。

「CVE-2023-35082」は認証のバイパスが可能となる脆弱性。「EPMM 11.10」「同11.9」「同11.8」や「MobileIron Core 11.7」、および以前のバージョンに影響があり、2023年8月にセキュリティアドバイザリが公表されている。

同脆弱性の共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアは、最高値である「10」とされており、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

悪用が発生しているとして、米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は現地時間1月18日、「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」に同脆弱性を追加した。

同リストに追加された場合、米国の行政機関では一定期間内に対応する義務が生じる。また脆弱性そのものは広く悪用されるおそれがあるため注意が必要となる。

なお、「Ivanti Endpoint Manager Mobile(EPMM)」や旧製品「MobileIron Core」に関しては、「CVE-2023-35081」「CVE-2023-35078」に対するゼロデイ攻撃が発生した。これら脆弱性は2023年7月に「KEV」へ登録されている。

(Security NEXT - 2024/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性