Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Zabbix」のエージェントにコードインジェクションの脆弱性

ネットワーク管理ソフトウェア「Zabbix」のエージェントである「Zabbix Agent 2」にコードインジェクションの脆弱性が明らかとなった。

パラメータをシェルコマンドにわたす際、サニタイズを行っておらず、リモートよりコードを実行されるおそれがある「CVE-2023-32728」が明らかとなったもの。

バグバウンティプログラムを通じて報告されたもので、現地時間12月18日に公開したアドバイザリにおいて明らかにされた。同社は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「4.6」、重要度を「中(Medium)」とレーティングしている。

一方米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、CVSS基本値を「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」とした。攻撃の複雑さ、必要とされる権限、機密性、完全性、可用性への影響において評価が異なり、より高い値となっている。

同社では、11月にリリースした「同6.4.9rc1」「同6.0.24rc1」や、10月にリリースした「同5.0.39rc1」にて同脆弱性を修正済みだという。

(Security NEXT - 2023/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市