Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機械学習の管理プラットフォーム「MLflow」に3件の脆弱性

機械学習のライフサイクルを管理するプラットフォーム「MLflow」に3件の脆弱性が明らかとなった。いずれも「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

サーバ上にファイルを配置することが可能となるパストラバーサルの脆弱性「CVE-2023-6015」が判明。また認証なしにファイルを上書きし、リモートよりコマンドを実行してデータやモデルにアクセスが可能となる「CVE-2023-6018」が明らかとなった。

さらに「REST API」の認証をバイパスしてアカウントの作成が可能となる「CVE-2023-6014」が判明している。

CVE番号を採番した脆弱性情報報告サイトのhuntrでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「CVE-2023-6015」「CVE-2023-6018」のいずれも最高値である「10」とした。また「CVE-2023-6014」は「9.1」と評価している。重要度はいずれも「クリティカル(Critical)」。

「CVE-2023-6015」「CVE-2023-6014」に関しては「同2.8.1」にて修正された。「CVE-2023-6018」の対応状況は不明。いずれも実証コードなど詳細が公開されている。

(Security NEXT - 2023/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先が患者情報を紛失、防犯カメラに誤廃棄時の映像 - 頴田病院
個人情報含む書類をFAXで誤送信 - 栃木県住宅供給公社
個人情報含む生徒個人票を紛失 - 神奈川の中高一貫校
リサイクルされる「ランサムウェア」 - リーク件数は1.5倍に
都パスポートセンターの従業員が書類送検 - 個人情報記載の付箋を窃取
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
水道局の制御機器を狙うサイバー攻撃が発生 - 米当局が注意喚起
個情委、野辺地町に行政指導 - 管理不備や報告遅滞で
VMware、「VCD Appliance」の修正パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
設定不備でシステム開発用サーバから顧客情報が流出 - 積水ハウス