Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で保育施設職員のメアド流出 - 鹿児島市

鹿児島市は、補助金申請に関する書類を保育施設にメールで送信したところ、送信ミスがあり職員のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、10月13日に給食費支援補助金の申請に関する書類を認可外保育施設職員36人にメール送信した際、送信先を誤って宛先に設定するミスがあったという。受信者間でメールアドレスを閲覧できる状態となった。

10月17日、対象となる施設職員に電話で謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2023/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起