Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チャレンジ農業支援事業の委託先が携帯電話を紛失 - 東京都

東京都は、チャレンジ農業支援事業を委託している東京都農林水産振興財団において、業務用携帯電話の紛失が発生したことを公表した。

都によれば、9月7日、同財団から業務を委嘱されている担当者が、財団から貸与された携帯電話を紛失していることに気づいた。10日まで捜索したが発見できず、11日に財団に紛失を報告。警察に紛失届を提出し、携帯電話の利用停止措置を実施した。

問題の携帯電話には、都内の農業者や農業団体の担当者18人、および都内の企業の担当者6人の氏名と電話番号が登録されていたという。

同財団では、登録されていた関係者に報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性