Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSL」に重要度「低」の脆弱性 - Windowsの64ビット環境に影響

「OpenSSL」の開発チームは、Windows環境における脆弱性についてアドバイザリをリリースした。影響は小さいとして、今後リリースするアップデートで修正する予定。

Windowsの64ビット環境で使用する「OpenSSL」において、メッセージ認証符号「POLY1305」の実装に脆弱性「CVE-2023-4807」が明らかとなったもの。「同3.1.2」「同3.0.10」「同1.1.1」および以前のバージョンに影響があり、アプリケーション内部においてデータ破壊が生じる可能性がある。「同1.0.2」については影響を受けない。

「OpenSSL」を使用するサーバアプリケーションにおいて同脆弱性の影響を受けるおそれがあるものの、アドバイザリをリリースした9月8日の時点で影響を受ける具体的なアプリケーションは確認されておらず、重要度は4段階中もっとも低い「低(Low)」とレーティングされている。

開発チームは、リポジトリにおいて修正を実施。アドバイザリのリリース時点でアップデートは用意しておらず、今後リリースするアップデートに修正を盛り込む予定。

(Security NEXT - 2023/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市