Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

林業事業者向けサイトに森林所有者の個人情報を誤掲載 - 高知県

高知県が運用する「高知県スマート林業総合支援サイト」において、森林所有者の個人情報を誤って提供していたことがわかった。

同サイトは、スマート林業支援業務において林業事業者向けに提供している登録制のデータダウンロードサービスサイト。運用をアジア航測に委託している。

同サイトにおいて、森林所有者の個人情報を誤って掲載していたことが判明。5月17日から8月24日にかけて仁淀川町3605人、馬路村638人、土佐市1人のあわせて森林所有者4244人の氏名と住所を取得できる状態だった。

データを取得した事業者については特定済みで、ダウンロードされたデータを第三者に提供することなく削除されたことを確認したという。

同県では、情報が流出した対象者に対して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市