Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome」のセキュリティアップデート - 脆弱性を修正

Googleは、ブラウザ「Chrome」のセキュリティアップデートをリリースした。「Microsoft Edge」のアップデートも提供されている。

Windows向けに「Chrome 116.0.5845.141」「同116.0.5845.140」、macOSやLinux向けに「同116.0.5845.140」をリリースしたもの。CVEベースで1件の脆弱性に対処した。

「MediaStream」において解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2023-4572」に対処したもの。重要度は、4段階中、上から2番目にあたる「高(High)」としている。

「Chromium」がアップデートされたことを受け、マイクロソフトは「Microsoft Edge 116.0.1938.69」を提供している。

(Security NEXT - 2023/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

書留やゆうパックの預かり票が所在不明 - 神戸の郵便局
集英社の漫画サイトで別人によるログインが発生 - コイン代金を返金
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響