Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインショップに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本料理店

京都の日本料理店であるたん熊北店は、通信販売サイトが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が流出し、一部クレジットカード情報が不正に利用された可能性があることを明らかにした。

同社によれば、「たん熊北店オンラインストア」が脆弱性を突く不正アクセスを受けたもの。決済アプリケーションの改ざんなどが行われた。2月21日に決済代行会社から情報流出の可能性について指摘があり、問題が発覚した。

2023年2月13日までに同サイトで会員登録をした顧客1980人の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、ログインパスワードにくわえ、同日までに同サイトで商品を購入した顧客3452人の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、届け先の情報などが流出したおそれがある。

また2021年2月22日から2023年2月10日にかけて、顧客1123人が決済に利用したクレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードをはじめ、メールアドレス、ログインパスワードを窃取された可能性がある。

同社では、決済代行会社から連絡を受けた2月21日に個人情報保護委員会へ報告。5月19日に調査が完了し、6月2日に警察へ被害を申告をした。対象となる顧客には8月14日よりメールで経緯を報告するとともに謝罪を行っており、ログインパスワードの変更や身に覚えのない請求がないか確認するよう呼びかけている。

同社では不正アクセスを受けたシステムの運用を停止し、あたらしいシステムに移行した。クレジットカード決済の再開日などは決定次第サイト上で告知するとしている。

(Security NEXT - 2023/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
「Security Days Spring」、3月に東名阪で順次開催
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開