Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム感染被害、侵入経路はVPN機器 - JBグループ会社

JBグループで基幹システムの開発やクラウドサービスの提供を手がけるシーアイエスは、サーバがランサムウェアによるサイバー攻撃を受けた問題で原因や被害状況を明らかにした。

同社では、6月25日深夜に複数サーバがランサムウェアにより暗号化される被害が発生したことを確認。一部データが外部に送信されており、6月29日に事態を公表するとともに調査を進めていた。

被害状況を調べたところ、VPN機器のソフトウェアに存在した脆弱性を突かれ、複数のサーバに対してランサムウェアによるサイバー攻撃が展開されたことがわかった。

顧客57社に関する個人情報やシステム構成、接続情報などのほか、同社従業員に関する個人情報が流出したことが判明。いわゆる「リークサイト」に一部データが公開されていることも確認しているという。

同社では、対象となる顧客へ個別に連絡を取るとともに、すべてのサーバとクライアント端末をネットワークから遮断、使用を停止しており、業務が停滞するなど影響が出ている。

引き続き調査を進め、外部協力のもと対策を講じるほか、復旧作業を進めていくとしている。

(Security NEXT - 2023/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPAAWGのカンファレンスイベント、11月に開催 - 申込受付を開始
トレンドのモバイル管理製品に複数の脆弱性
米政府、Appleやトレンドの脆弱性について注意喚起
患者情報含む書類が所在不明 - 昭和大病院
プレミアム付き商品券の発行事業でメール誤送信 - 唐津市
県立高校生徒会室で生徒情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
上半期の不正アクセスによる検挙は188件 - 前年同期比19.3%減
WP向けeコマースプラグイン「Welcart e-Commerce」に複数の脆弱性
Node.JS向けライブラリ「systeminformation」に脆弱性
ネットワーク監視ツール「LibreNMS」に脆弱性 - 「クリティカル」も