Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム感染被害、侵入経路はVPN機器 - JBグループ会社

JBグループで基幹システムの開発やクラウドサービスの提供を手がけるシーアイエスは、サーバがランサムウェアによるサイバー攻撃を受けた問題で原因や被害状況を明らかにした。

同社では、6月25日深夜に複数サーバがランサムウェアにより暗号化される被害が発生したことを確認。一部データが外部に送信されており、6月29日に事態を公表するとともに調査を進めていた。

被害状況を調べたところ、VPN機器のソフトウェアに存在した脆弱性を突かれ、複数のサーバに対してランサムウェアによるサイバー攻撃が展開されたことがわかった。

顧客57社に関する個人情報やシステム構成、接続情報などのほか、同社従業員に関する個人情報が流出したことが判明。いわゆる「リークサイト」に一部データが公開されていることも確認しているという。

同社では、対象となる顧客へ個別に連絡を取るとともに、すべてのサーバとクライアント端末をネットワークから遮断、使用を停止しており、業務が停滞するなど影響が出ている。

引き続き調査を進め、外部協力のもと対策を講じるほか、復旧作業を進めていくとしている。

(Security NEXT - 2023/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院