Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ANAマイレージ会員を狙うフィッシングの報告が増加

全日本空輸(ANA)を装うフィッシング攻撃の報告が増加している。フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

フィッシング対策協議会によれば、マイレージクラブなど会員情報について更新が必要などとだまし、会員サービスなどへ支障が出るなどとして不安を煽って偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されているもの。

メールには少なくとも7種類の件名が悪用されており、メールの文面も複数確認されている。

誘導先のフィッシングサイトでは、会員情報の確認などとして、氏名や住所、携帯電話番号、メールアドレス、クレジットカード情報のほか、追加認証の情報なども入力させようとしていた。

同協議会では、類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開