Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省かたるフィッシング - 固定資産税の納付通知を偽装

総務省をかたり、固定資産税の納税通知書などと称して個人情報や金銭をだまし取るフィッシング攻撃が確認されている。

「総務省からの税納税通知書」などとしてフィッシングメールが送信されているもの。偽サイトで個人情報や電子マネーをだまし取ろうとしていた。納付期限を6月14日などと記載。従わないと財産を差し押さえられる可能性があると不安を煽っていた。

フィッシングサイトへのリンク部分は、「支払いの詳細リンクエント」なる意味不明の記載となっていた。こうした表現は、別のフィッシング攻撃でも確認されており、英語で滞納を意味する「delinquent(デリンクエント)」を用いた文章を誤表記した可能性もある。

6月13日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、フィッシング対策協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
先週注目された記事(2024年6月30日〜2024年7月6日)
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「MongoDB」向けGUIにコードインジェクションの脆弱性
「HTTP File Server」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
全学生の個人情報を海外協定校へ誤送信 - 上智大