Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PHP」のセキュリティアップデートが公開

PHPの開発チームは、現地時間6月8日にアップデートをリリースした。利用者に更新を呼びかけている。

最新版となる「PHP 8.2.7」「同8.1.20」「同8.0.29」をリリースしたもの。いずれも今回の更新を「セキュリティリリース」に位置づけている。

共通の修正として、「SOAP」の「HTTPダイジェスト認証」に関する問題を解消した。エラーチェックが欠如しており、ランダムバイトの取り扱いに不備があったという。くわえて「同8.2.7」「同8.1.20」では、コアを含めて20件以上のバグに対応した。

開発チームでは、各系統の利用者に最新版へアップデートするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

みそ通販サイトの侵害、ログイン用PWも流出した可能性
ドメイン名やDNSを学べる漫画冊子を教育機関に無償配布 - JPRS
メルマガ配信委託先に不正アクセス、スパム配信される - 全国公立文化施設協会
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正
内閣府のNPO法人ポータルに個人情報を誤掲載 - 相模原市
サッカー用品通販サイトに不正アクセス - 不正注文後に侵害
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開