Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産業ネットワーク管理ツール「Cisco IND」に深刻な脆弱性

産業用ネットワークの管理ツール「Cisco Industrial Network Director(IND)」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

入力検証の不備により、ウェブユーザーインタフェースより任意のコマンドが実行可能となるコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2023-20036」が判明した。OS上で「NT AUTHORITY/SYSTEM権限」によるコマンドの実行が可能となるほか、機密データが漏洩するおそれもあるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.9」、重要度は「クリティカル(Critical)」と評価されている。

あわせてファイル権限に不備があり、認証されたローカル環境よりアプリケーションのデータを読み取られるおそれがある脆弱性「CVE-2023-20039」もあわせて判明した。CVSS基本値は「5.5」、重要度は「中(Moderate)」。

いずれも外部研究者より報告を受けたもので、悪用は確認されていないという。同社では脆弱性を修正した「同1.11.3」をリリース、利用者にアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン