Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コスメ通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性

香水や化粧品を取り扱う通信販売サイト「FRAGRANCYオンラインショップ」において個人情報が流出し、一部のクレジットカード情報については不正利用された可能性があることがわかった。

同サイトを運営するFRAGRANCYによれば、脆弱性を突く不正アクセスによりサーバへ侵入され、決済アプリケーションを改ざんされるなど被害に遭ったという。

2021年6月4日から2022年12月23日にかけて購入時に利用された顧客のクレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなど4387件が流出し、不正に利用された可能性がある。

また同サイトを過去に利用したことがある全顧客最大1万6347人分の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、購入履歴のほか、任意で登録された会社名や性別、生年月日についても流出したおそれがあることが判明した。

2022年12月23日にクレジットカード会社から情報流出の指摘を受け、同サイトでの販売を停止。2022年12月26日に個人情報保護委員会へ報告している。

(Security NEXT - 2023/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市