Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でマラソン参加者のメアド流出 - 産経新聞

産経新聞社は、同社が事務局を務める大阪国際女子マラソンにおいて、事務局が参加者の一部に送信したメールで送信ミスがあり、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、1月4日19時過ぎ、大会にエントリーした競技者168人に対し、「応援のぼり隊」の参加可否について回答を求めるメールを送信。その際に送信先を誤って「宛先」に入力したため、受信者間にメールアドレスが流出した。

同社では1月6日、対象となる競技者に対しメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2023/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県