Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校で1クラス分の「家庭調書」を紛失 - 静岡市

静岡市は、市立小学校において、児童の個人情報が記載された家庭調書を紛失したことを明らかにした。

同市によれば、2年生1クラス25人分の家庭調書を綴じたファイルが所在不明になっているもの。家庭調書には、児童の氏名、住所、保護者の氏名、電話番号、自宅付近の略図、緊急連絡先などが記載されている。

12月13日にクラスの担任が家庭調書ファイルを利用しようとしたところ、保管場所にないことを気づいた。担任は同月9日にファイルを使用したが、所定の保管場所に保管し、施錠したという。

教職員で校内を搜索したが見つかっていない。同校では保護者に対しメールと書面で報告と謝罪を行い、全校児童対象の保護者説明会を開催している。

(Security NEXT - 2022/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町