Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pulse Connect Secure」にサービス拒否の脆弱性

「Ivanti Connect Secure(旧Pulse Connect Secure)」にサービス拒否へ陥るおそれがある複数の脆弱性が含まれていることがわかった。10月にリリースされたアップデートで修正されている。

同社アドバイザリによれば、「Ivanti Connect Secure」「Ivanti Neurons for Secure Access」「Ivanti Policy Secure」「Ivanti Neurons for Zero-Trust Gateway」に2件の脆弱性が存在するという。

「Ivanti Connect Secure」「Ivanti Neurons for Secure Access」では、「CVE-2022-35254」「CVE-2022-35258」のいずれも、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」と評価されている。一方、「Ivanti Policy Secure」「Ivanti Neurons for Zero-Trust Gateway」では、CVSS基本値を「6.5」とした。

同社では10月にアドバイザリを公表し、脆弱性を修正するアップデートを提供している。「Ivanti Neurons for Secure Access」についても10月にアップデートが完了しており、利用者における対応は不要だとしている。

(Security NEXT - 2022/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省