Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性

ID管理やシングルサインオンなどの機能を提供する「Atlassian Crowd」の「REST API」機能に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートにて修正されている。

セキュリティ設定のミスに乗じて攻撃者がクラウドアプリケーションとして認証され、「REST API」により特権のエンドポイントを呼び出すことが可能となる脆弱性「CVE-2022-43782」が明らかとなったもの。同脆弱性については、許可リストに追加されたIPアドレスからのみ悪用が可能であるとしている。

同社は共通脆弱性評価システム「CVSSv3」においてベーススコアを「9.1」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングしている。適用優先度は「低(Low)」とした。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、CVSS基本値を「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」と評価している。

脆弱性を修正した「同5.1.0」「同5.0.3」「同4.4.4」へアップデートするか、アップデートができない場合は、アクセスを許可するIPアドレスの削除など回避策を講じるよう同社では呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県