Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性

ビデオ会議ツールを提供するZoomは、Windows向けクライアントソフトに「DLLインジェクション」の脆弱性が含まれていることを明らかにした。またWindowsやmacOS向けのインストーラーにも脆弱性が判明したという。

重要度が「高(High)」とされる3件の脆弱性が明らかとなったもの。

Windows向けに提供している「Zoom Client for Meetings」「Zoom VDI Windows Meeting Client for Window」「Zoom Rooms for Conference Room」の32ビット版に、意図しないライブラリを読み込む「DLLインジェクション」の脆弱性「CVE-2022-28766」が判明した。

脆弱性を悪用されると、クライアントソフトの権限で任意のコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.1」と評価されている。

さらにWindowsに提供している「Zoom Roomsインストーラー」に脆弱性「CVE-2022-36924」が存在。またmacOS向けの「Zoomクライアントインストーラー」には「CVE-2022-28768」が明らかとなった。いずれも権限の昇格が生じるおそれがあり、CVSS基本値は「8.8」と評価されている。

それぞれ脆弱性を修正した「同5.12.6」を提供しており、同社では最新版を用いるよう求めている。

(Security NEXT - 2022/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性